山と自転車

登山や自転車に関することを綴っています

【やまどうぐレンタル屋】初めて雪山登山でスノーシューを履いてみて分かったこと【MSR EVO ascent】

スノーシューは必要なのか?問題について

先日の雪山登山にて、人生初となるスノーシューを履いてみたのでその感想など。

スノーシューは急登に弱いため日本の雪山では使いづらい、美ヶ原のような平地限定、そもそも要らないエトセトラ。カッコ悪いからという理由でワカンもスノーシューも一切使わない登山家がいる一方で雪山の教科書には必須アイテムとして紹介されていたり、人によって言うことは違うし結局自分で体験するしかねぇ、ということで遂にデビューしてみました。

先に結論を言っておくと、登りも含め想像以上に活躍してくれたので来シーズンには購入しようと思いました。

スノーシューの構造

MSR EVO ascent

スノーシューはMSR EVO ascentというモデルをレンタル(後述)しました。両方合わせて1.8kgくらいの、スノーシューとしては標準的な重量&接地面積だと思います。

今回で初めて知りましたが、スノーシューはデッキ面と完全に固定されているわけではなく、山スキーのようにかかとが浮くようにできています(小型で完全に固定されているタイプもあります)。そのため脚を上げると母指球のあたりの可動部を支点にパカパカと動きます。

接地面にはアイゼンの役割をする歯が付いています。さすがに12本爪アイゼンほど長く鋭い歯ではありませんが、今回使った体幹としては10本爪の軽アイゼンと同等くらいのグリップ力がありました。

装着した状態

スノーシュー装着。バックルで4点固定。

 

上から見るとこんな感じ。ただでさえ横幅が広くなったように感じる厳冬期登山靴(モンベル:アルパインクルーザー3000)ですが、スノーシューによりさらに横幅が広がります。そのため歩く時には若干ガニ股、外八の字になります。

スノーシューを登山で使ってみて分かったこと

ここからは私がスノーシューに対して抱いていた疑問を検証する形式でまとめたいと思います。

本当に沈まないのか?→  ◯少しは沈むものの強力な浮力が得られた

富山県の金剛堂山という山で使用。雪が思っていたより締まっていましたがトレースを外れると膝上くらいまでは沈み込む状況でした。

「スノーシューは全く沈まなくなる道具」ではありませんが、膝上まで沈む雪質でもこの通り!!くるぶしくらいまでしか沈まなくなりました!!すごい、凄すぎる!!以前友人からワカンを借りた時の「思ったより全然沈むやんけ」というあのガッカリ感は皆無でした。ツボ脚のときが「ズボッ」と点で沈むとするとスノーシューは「ボフッ」と面で少し沈むイメージです。

ラッセルに使えるのか?→◯  雪の足場が全然崩れなくなった

一番感動したのが上の写真の状況から次の一歩を踏み出す時でした。ツボ脚の時は「2歩目を踏み出す時に一瞬全体重が片脚にかかってさらに沈み込む(上の写真の状態から左足を踏み出す時、右脚に体重がかかって沈み込む)」ところが、スノーシューを履いているとこれ以上は全く沈み込みませんでした。

ラッセルの時には膝で雪を崩して作った足場に片脚を乗せ、反対の膝でまた雪を崩して足場を作るのを繰り返します。どれほど雪を固めたつもりでも、いざそこを足場にするとズズズッと崩れてしまうのは誰しも経験があると思いますが、スノーシューの場合はこのズズズッと崩れることがほぼ皆無でした。

最初にスノーシューで沈むところまで雪を押し固めておく(それほど力は要らず、ぐっと踏み込んで自然に止まるところまでで十分)と、次の一歩を踏み出す時に本当に軸足が沈まなくなるので、不意に足場が崩れてバランスを取らなければならない場面が激減しました。結果として体力に余裕が生まれます。もちろん斜度がきつくなったり雪が殆ど締まっていないところでは多少崩れる時もありましたが、全体を通してみると劇的な安定感でした。

スノーシューは登りで使えるのか?→◯  使える。むしろ登りやすくなる。

「スノーシューは雪原を歩くことに最適化された道具で登りには不向きである」という言葉は雪山をやっている人は一度は耳にしたことがあると思います。高くて大きくて重たいスノーシューよりもワカンのほうが日本の山には合っている、と私は教わりましたし実際に疑うことなくそう思っていました。が。

スノーシューは登りでも十分使えます!ヒールリフターさえあればむしろ履いてない時よりも楽に登れます。「登りでも使える」のが分かったことが今回の一番の収穫でした。

スノーシューの効果を発揮するにはなるべく全体を雪に接地させるのが重要なので、つま先の方しか接地させられないほどの急登ではかえって登りづらくなったり余計に疲れたりしましたが「多くの山において大半の登りでは使えるな」というのが感想です。

ヒールリフターの効果は絶大

ヒールリフターは登り斜面の時に使うパーツのことです。上記矢印のところに立ち上がっている黒いフレームです。普段はこれを倒しておき、登りになったら写真のように立ち上げます。

ヒールリフターを上げるとかかとが少し浮いたつま先立ち状態をキープしてくれるので、斜面で次の一歩を踏み出すのが非常に楽になります。踏み出す時の沈まさなに次いで感動したのがこのヒールリフターでした。逆に言うと登りで使用するならばヒールリフターは必須の機能だと思いました。

スノーハイク限定ではないのか?→✗ 雪山でも自由自在に歩き回れる

スノーシューは「登山では平地があまりないから役に立たないのでは」と思っていました。しかし実際登山で使ってみて、極端な登りや下りでなければスノーシューが活躍してくれることが分かりました。

例えば登山ではトレースを外れて誰も歩いていないこんなところでも、スノーシューがあれば好き放題に歩き回れます。

ツボ脚なら膝上、下手したら脚の付け根まで沈むようなフカフカの未踏の場所でもこの通り。どんなに沈んでもくるぶしと膝の中間くらいでした。

スノーシューによるトレース。写真のトレースは誰も踏んでいない雪上を私がスノーシューで歩いた跡ですが、接地面積の大きさがよく分かります。トレースと関係なく歩けるというのは想像以上に快適で一度経験すると虜になります。

スノーシューは重い?→△ 背負うと重いが装着するとそれほど重量は感じない

両足合わせて1.8kgほどのスノーシューですが、大きさの割には軽いので厳冬期登山靴と12本爪のずっしり感に慣れていると案外重量増のネガは感じませんでした。それ以上に沈まないゆえ脚の負担が軽くなる効果のほうが大きかったです。

着脱が面倒そう…→✗ スノーボードの着脱くらいの手間

私が使用したモデルは4ヶ所をバックル止めするタイプでしたが、アイゼンよりは楽でした。説明書も要らないくらい直感的に着脱可能でした。ただし外した時には必然的にザックに装着する手間が生じるので、その意味では頻繁な着脱は億劫になりそうです。

トレースが十分にある山なら不要では?→△ 必須ではないがあると楽しい

登山者が多い山では降雪直後でもない限りトレースが作られているのでアイゼンさえあればほどんどの場合登れてしまいます。しかしトレースを外れて好きに歩ける楽しさという付加価値を知ってしまったので今後は積極的に使っていきたいと思いました。

スノーシューの弱点

急登では使いづらい

思ったより登りで使えたスノーシューでしたが、やはり基本は平地〜緩斜面を歩くのに最適化された道具なので急登では使いづらいです。具体的には足裏を全て接地させるのが難しい、前半分くらいで登り続けるような斜度では明確に足かせになります。

スノーシューは地面を面で捉えることで効果を発揮するので、急登のようなつま先で踏ん張る場面ではその浮力が得られず、前の足場がズルズルと崩れてしまいます。

ポピュラーな雪山で例えると八ヶ岳の北横岳、天狗岳くらいの斜度ならばスノーシューで登れる、硫黄岳の稜線に出るところ、赤岳の文三郎尾根、木曽駒ヶ岳の千畳敷カールの斜度では厳しい、といった感じでしょうか。

一度沈むとリカバリーが大変

基本的にスノーシューを履いていればふかふか雪でも脚が埋まるほど沈むことはないのですが、上記のような急登で無理に使うと崩れた雪に埋まる場合があります。こうなると接地面積の大きさが仇となり、雪の中から脱出するのが困難になります。やはりスノーシューで足場がどんどん削れてしまうような急斜面では大人しくラッセルするしかない気がします。

斜面のトレースが登りづらい場合がある

これは使ってみて分かったことでした。基本的にはスノーシューはその浮力によってトレースを含む凹凸した雪面でも足運びを気にせずに歩けます。しかし雪が凍ったり締まっていてトレースの足型が崩れづらい斜面に限ってはスノーシューのグリップが効かず登りづらくなりました。このような斜面ではむしろツボ脚で登れるはずなので、無理せず一旦外す判断が必要です。

スノーシューまとめ

一言で言えばスノーシュー最高!!!です。冒頭で書いた通り、ようやく購入する気になれました。やはり実際に使ってみるに越したことはないなと痛感しました。予想以上に登りでも使用可能で、登山行程の大半は装着しっぱなしで要られた上、スノーシューを履いていない仲間と比べ明らかに楽に歩けたので、事前に思っていたよりも活躍の場は多そうです。来シーズンは武尊山の地獄のラッセルにスノーシューで挑んでみたいと思いました。

今季は暖冬の影響もありおそらく今回が最後の雪山になると思うので、来シーズン、事前予約で即売り切れた話題のモンベルのアルパインスノーシュー56を狙いたいと思います。でもスノーシューの王様のMSRに憧れる気持ちも芽生えてしまったので、来季に何を手にしているか楽しみですデュフフ。

神サービス やまどうぐレンタル屋

今回使用したスノーシューはやまどうぐレンタル屋でレンタルしました。スノーシューレンタルとググって一番最初に出てきたからです。

www.yamarent.com

自宅に届いて使用後はそのまま送り返すだけ、というサービスで、土曜日に持っていって日曜日に使用する予定だったので1泊2日で申し込み、金額は2700円+片道分の送料1000円=3700円でした。

基本は使用開始の3日前に届けてくれるとのことで、月曜日夜に申し込んだら水曜日には届きました。金額は時期やモデルにより多少異なるようですがスノーシューに関しては1500~4000円程度で借りられます。送料は片道分は自己負担で、返す時は付属の着払い伝票で送ります。他にアイゼンやストックはもちろん、登山道具一式の貸出なんかもあるので付き合いで一回登るイベントなんかにはぴったりだと思います。

 

モンベルにも同様のレンタルサービスがあるのですが、こちらは基本的に店舗受取店舗返却な上、全ての店舗で行っているサービスではないのでちょっと利便性が劣ります。しかしモンベルの場合レンタルした後で対象商品を購入するとレンタル代がポイントで返ってくるという素晴らしい制度があるので、登る山と店舗の位置関係によっては魅力的なサービスです。

 

ちなみに今回借りた借りたスノーシューはMSR EVO ascentというモデルで、約4万円ほどの高級スノーシューです。同メーカーの中ではミドルグレード相当のようです。

 
長くなりましたがスノーシューを使ってみたレポートでした!